薄膜ナノ増強蛍光による経皮ガス成分の超高感度バイオ計測端末の開発(SNIF)2019-2021
 
トピックス (会議開催等) | 外部発表・プレゼン資料等 | 問い合わせ

 NEDO委託事業「IoT社会実現のための超微小量センシング技術開発」の下で、国立大学法人東京医科歯科大学、技術研究組合NMEMS技術研究機構が共同で提案した「薄膜ナノ増強蛍光による経皮ガス成分の超高感度バイオ計測端末の開発」が始動します。

 本事業の実施期間は2019年から3年でステージゲートを経て、その後2年、計5年間とし、日本が強みを有する最先端のナノテクノロジーやバイオテクノロジーをイノベーションの起点として、既存の超高精度計測・分析装置でしか検出できない超微小量の成分を、小型・軽量・省エネルギーでありながら低コストで安定的に検出できる技術を世界に先駆けて開発します。これにより、生活習慣病の予兆検知やウイルス感染の拡大防止、防災・減災による安全・安心な社会の実現に貢献します。

 「薄膜ナノ増強蛍光による経皮ガス成分の超高感度バイオ計測端末の開発」においては、近未来の健康長寿のためのバイオIoT社会の実現に向けて、薄膜ナノ増強蛍光と気相バイオセンシング技術を融合した超高感度ガス計測デバイスを開発し、通信機能を有する小型ウェアラブル計測端末とすることで、血液より皮膚表面に透過・拡散する極低濃度の揮発性有機ガス成分の超高感度かつ連続的なIoT計測を実現することを目指します。



 



   
トピックス (研究会活動・イベント等)

  トピックス
外部発表・プレゼン資料等

現在、資料はありません

  
問い合わせ・連絡先

本研究開発に関するお問い合わせ・ご連絡先は以下の通りです。
技術研究組合NMEMS技術研究機構
  〒101-0026
  東京都千代田区神田佐久間河岸67
  MBR99ビル6F
  アクセス           
  TEL:03-5809-3422
  FAX:03-5835-1873
  URL: http://www.nmems.or.jp/



©2011 NMEMS技術研究機構 All Rights Reserved.